投稿

道路交通法改正。早めのご準備を!

昨年6月に千葉県八街市で、下校中の小学生が飲酒運転のトラックにはねられて死傷するという
痛ましい事故がありました。これを受けて、道路交通法が改正されたのはご存じでしょうか?

従業員の運転前後の酒気帯び確認を行うことが必須に!!

今までは『運転前』に、ドライバーが飲酒により正常な運転ができないおそれがないか
確認することなどが義務付けられていましたが、『運転後』においての規定はありませんでした。

この度の改正で、

安全運転管理者を選任する『すべての事業者』に対し、
運転前後のドライバーに酒気帯び確認を行うことが義務化され、
アルコール検知器を用いた酒気帯び確認等が新たに設けられます。

具体的には、本年4月よりすでに施行されている改正法によると、

①運転前後のドライバーに対し、状態を目視等で確認することにより、
 酒気帯びの有無を確認すること
が義務化

≪※目視等で確認:ドライバーの顔色や声の調子、呼気の匂いなどで確認すること

②ドライバーの名前や、業務で使用する車のナンバー、酒気帯び確認をした人の名前、
 確認日時、結果など実施記録を1年間保存すること
が義務化

このように比較的厳格に定められています。

さらに10月以降の改正では、

③『アルコール検知器を用いてドライバーの酒気帯びの有無の確認を行うこと』
 『アルコール検知器を常時有効に保持すること
  (必要な数の検知器を設置することや検知器そのもののメンテナンスなど)』
  
が義務化予定

●飲酒運転・酒気帯び運転によって事故を起こすと…

この度の改正は、痛ましい事故が二度と起こらないようにすることが目的ですが、
企業の立場では、従業員の飲酒運転による死傷事故によって、
ドライバー個人だけでなく会社も損害賠償請求を受ける可能性がある
ということも認識しておかなければなりません。

他にも、ネット上での風評被害、取引先の信用を失って仕事が減る、さらには業績悪化により倒産・・・
など、大変厳しい状況も想定されます。

●準備・環境整備、出来ていますか?

日々の酒気帯びチェックや記録の整備が義務付けられたことで、企業としても準備と環境整備が必要です!

弊社では、
ドライバーの酒気帯び確認に関する会社の現状や準備状態を把握するための『セルフチェック』や、
運転日報と酒気帯び確認、両方の記録ができるツールやアプリなどもご紹介しております。
ご関心のある経営者様などおられましたら、お気軽にお問合せください。



 

毎月ラジオに出演しています!~iDeCo『2022年制度改定』について~

皆様こんにちは!

梅雨があっという間に明けて、いきなり真夏のような暑さになってきましたね。
熱中症に気を付けながら、楽しい夏にしたいものです!

さて、以前ブログでお知らせしたことがありますが、

毎月第4火曜日の朝7:50より、
弊社スタッフがエフエムふくやま77.7MHzの番組に出演しています。

Go!Go!Bびんご「備後★ズームイン」のコーナーで『お金の勉強会』を開催中です!

↑6月28日は専務の佐藤が担当しました!こんな感じで出演しております(^▽^)/

出演の様子が配信されております!ぜひご覧ください!☜こちらをクリック!!

今回の内容は、iDeCoの2022年度制度改定についてでした。こちらのブログでも紹介いたします!

_________________________________________________

最近しきりに『投資』『資産運用』という言葉を耳にするようになり、
物価の上昇や為替の円安傾向なども相まって
自分の資産は自分で守り、増やしていかなければならない時代になっています。

物価の上昇に伴って収入も増えればよいのですが、現実的にはなかなか難しいですよね。
とはいえ、超低金利時代に貯蓄だけでは資産は増やせません。
必然的に『貯蓄から投資・資産運用』という考えになるわけです。

国が関わっている投資制度ですと、iDeCoの話題をよくききますが、
今年になって制度改定がありました。

そもそもiDeCoとは何ぞや?という話ですが、『個人型確定拠出年金』と言われています。
『勤務先の確定拠出年金をやっているよ』という方もよくお見受けしますが、
いわゆる『企業型』ではなく、『個人』であっても自発的に準備することができる国の年金制度
それが、iDeCoです。

★iDeCoには様々な優遇措置があります!

・『掛金が全額所得控除』されます!
 iDeCoで積み立てることで所得税などが優遇されるので、手取り収入が増えるケースが想定されます。

・資産運用中に増えた部分『運用益』に税金がかかることはありません!
 普通預金であれば利息部分に税金がかかっているのですが、iDeCoで増やした部分は非課税となります。

・積立終了後に原資を取り出す際も、特別な控除が使えるので税金が優遇されます!

★iDeCoの制度改定ってどんな内容?

・加入できる年齢要件が拡大されました!
 従来は60歳までの方しか加入できませんでしたが、この5月から条件を満たせば65歳まで加入が可能です。

・積立終了後の受け取り開始時期の選択肢が拡がりました!
 4月以降は受け取り開始を60歳から75歳までの間で、自分自身が選択できます。

※他にも、勤務先で企業型確定拠出年金に加入している方について、今年の10月以降であれば
勤務先の許可を得なくても、掛金の上限の範囲内で個人型のiDeCoを追加加入することが
できるようになります。

★iDeCoで気を付けておきたい点は?

・積立期間中は途中引出(いわゆる解約)はできません!
 急にまとまった資金が必要になっても、60歳まではiDeCoの積立金には手が付けられません。
 無理のない掛金で加入するようにしてください。

・老齢年金を65歳前に繰り上げ請求された方などは、iDeCoに加入することはできません!

_________________________________________________

皆様それぞれのお立場で、加入要件は変わってきます。
これから資産運用を考えたいという方はぜひ弊社までご相談ください!