投稿

雨の日の運転、あおり運転、気を付けましょう!

雨の降る日が増えていますが、保険代理店としてお伝えしたいことは、
この時期気を付けなければいけないのが車の事故ということです!

雨で視界が悪かったり、イライラしてしまったりすると、事故が起きやすくなります。
首都高速での話ではありますが、雨の日は晴れの日の約4倍、事故が増えるんだそうです!!

そして、事故後は動揺をしてしまい、頭が回りにくくなり、その後、再事故・違反をしやすくなるとも言われています。
車や物に接触だけで済めばまだ不幸中の幸いですが、人身事故となってしまうと、本当に大変です。

皆さんも雨の日の運転は特に気を付け、日ごろから、ワイパーやブレーキの点検、安全運転を心がける習慣を怠らないようにしましょう!

そして、あおり運転が厳罰化されましたが、追い抜きと、追い越し、みなさんは違いを知っていますか?
右車線をノロノロと運転する車もたまにいますが、そんな時どうしますか?

その車を左車線に入って追い抜いて、右車線に戻ってしまうと、それは”追い越し”で違反となりますが、
右車線に戻らずそのまま左車線を走行していれば、”追い抜き”で違反にならないとされているんです!
ただ、右車線をわざとノロノロ運転し、追い越しをするとあおってくる、悪質で危険な逆あおり運転というものもあるので、車線変更の際は、しっかりと車間距離を取り、ゆっくりスライドするように移動するなど、気を付けるようにしましょう。

また、ドライブレコーダーを取り付けることも、リスクを回避することに繋がります。
色々な対策をして、事故等回避していきましょう!

マスクで熱中症!?

段々と暑い日がやってきています。
梅雨に入り、湿度も高い日も続きますね。

コロナ予防のため、外出時や屋内にいるとき、会話をするときに、
症状がなくともマスクを着用することが求められていますが、
マスクをしていると自分の呼吸により肺に温かい空気しか入ってこなくなり、
呼吸で身体を冷やすことができず、体温が上昇しやすくなることをご存じですか?
これにより、熱中症が引き起こされやすくなるんです!!
国内でも、もうすでに熱中症になった方が1000人を超え、死者も数名出ているので、他人事ではありません。

熱中症は甘く見てはいけません!
かくいう弊社スタッフも、一度熱中症になったことがあり、ひどい高熱と頭痛に見舞われながら病院へ行ったところ、
遅かったら死んでたよ~と笑われました。(笑いごとなのか!?)

そんな中、厚生労働省により公表された、新型コロナウイルスを想定した「新しい生活様式」における、
熱中症予防行動のポイントがまとめられました。

安全面が十分確保される場合は、適宜マスクを外したり、こまめな水分補給で、熱中症は防げます!
みなさんも、3密は避けながら、熱中症対策もしっかり行っていきましょうね♪